ケンコー ミラーレンズで再び M42 オリオン座大星雲 (追記アリ)

こんばんは、
今日の日中は雲が多かったので別の意味で寒かったです。
朝の気温はマイナス11℃でした。 昨日はマイナス8℃程度だったんですけどね。

追記: なんか1/31の雲行きが微妙ですね。
2/1に南岸低気圧が通るようで、前の晩から雲が笑笑と出そうです。
31日、予報では日中は晴れるようですが18時頃から曇りに。。。山梨より西は駄目っぽいから栃木辺りがセーフか?

さて、今宵の一枚はケンコー ミラーレンズで撮影したM42 ー オリオン座 大星雲です。 ミラーレンズを使用してM42を撮影するのは2年ぶりです。
この日の空は結構透明度も良かったのでもったいなかったですね。
今日は4枚貼り付けました。
上から
1.1/15にミラーレンズで撮影
2.  2017-1-16にBorg 77EDII 撮影
3.X7Iを天体改造後に(2016-2-下旬)撮影 (SkymemoS)
4.EOS X7I(ノーマル)で(2016-1.-XX)撮影

1. はっきり言ってピントがズレてます。四角くなってますが、これでもかなり良い方だと思いますよ。 ミラーレンズのピント合わせはものすごく大変です。
この時のガイド撮影では スカイメモSでしたが、RAもDECも15分位はまっすぐでした。 通常DECはすぐにズレていくので調整するのですが3分くらいでズレ始めます。

DATA
Date:2018-1-15

Object:M42-Orion Nebula
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SkymemoS
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. LPR-N(FF)フィルター
Telescope (Lens):


Kenko Mirror Lens  500mm F6.3DX
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 90~150secs X 37、 Total About 1h20m
Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2


2.  2017-1-16にBorg 77EDII 撮影(こちらもISO3200 約1:20露光)




3. 椿の花星雲(笑)
ある意味おまけ (ミラーレンズでカメラ改造後にSKYMEMO Sでノータッチで撮影) DSSも星と認識してくれないのでDSSがスタック処理してくれるまで手動で星認識させてました。



4.こちらは改造前に撮ったM42 これも手動で星認識をDSSでしました。


3.4.の露光時間は短いです。 スカイメモ Sのノータッチですから、長時間露光はできません。

それと星が四角くなる理由
1.ピントも一因ではありますが、
2.赤道儀がスカイメモ S
3.三脚がSIRUIの1万円(耐重量10kg)で貧弱
4.車が通って家が微震している(風邪の影響もあります)

前に干潟星雲をミラーレンズで撮ってますがこの時はSXD2赤道儀で撮影(しかもガイド撮影ーSXD2は重くスカイメモに比べれば風に強い)
参考:https://blogs.yahoo.co.jp/deepskyadventurer/13892285.html

いや、ガイド撮影出来るのは良いですね。

ギョ・ギョ・ギョ のエサ

こんばんは、
今週に入ってから寒い日が続いています。
昨日がマイナス9℃位、今朝はマイナス13℃後半だったみたいです。
今夜も結構来てます。 昼間も当たり前のようにマイナスです。
しかし、昨夜もその前もものすごく澄んだきれいな星空でしたが、
あまりに寒いので撮影はしませんでした。

今月の新月期(後半)は開店休業ですね。 ただ、次回は春に近づき不安定になっていくんでしょうね。 今、何より晴れて欲しいのは1/31の皆既月食の夜ですね。
予報では曇り時々晴れ? なのかな。。
私はタイムラスプに挑戦しますが、レンズを500m/中望遠にするかを迷っています。
さて、今宵の一枚はお魚とエサです。
寒いですけど、12月以降はよく晴れたのでオリオン座周辺は一通り撮影したので、
ちょっと遊んでみました。1/10に撮影です。
このエンゼル君のエラの大きな三つ星はきれいですよね。
またいかにもな場所にエサの反射星雲のような天体があるのもなんか神秘的です。




DATA
Date:2018-1-10

Object:Angelfish nebula
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. LPR-N(FF)フィルター
Telescope (Lens):

Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:200mm、F3.5 used
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 40secs X 18、50Secs X 28, 40secs X 29, 60secs X 17
 Total About 53m
Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2

かもめ かもめ そうか~もめ!

こんばんは、
今朝は洗濯後に雪掻きで始まりました。
そんなには降らないと思ってましたがやはり少なめでした。
逆に平野部の方が降ったようですね。ここは22cmと発表してましたが、多分東京(23cm)とほぼ一緒でしょう。 山中湖は30cmで甲府は4cmだって。。。

今夜から最恐寒波(来る度にそんなこと言ってますね。 次は最凶寒波だな!)に包まれるようです。 向こう4日の最低はマイナス10℃以下です。
tenki.jpでは横浜の戸塚でマイナス9℃となってました。
こんなの見たことありません。もし現実に起こったら、間違いなく水道が凍りつきます。水のトラブル困ったら♫ が大活躍でしょうね。

さて今日の一枚は、1/9に撮影したかもめ星雲です。 これ上手く処理しないとかもめの頭が首チョンパ状態になります。 まあ、ギリギリ皮一枚といった処でしょうか。。





DATA
Date:2018-1-9

Object:
Seagull Nebula
Location: 2F Balcony

[Equipment] 
       Equatorial:SS-One
       Camera:
Camera: Canon EOS X7I (新改造)w. LPR-N-FF
       Telescope (Lens):
Borg 77EDII (FL :510mm F-Stop:6.6)x Vixen 0.67ED Reducer = FL:342mm、 F4.4
     Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM
      
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4  

Light Frames:ISO3200 90secs X 30、100secs X 9
 Total  1hour
Dark : なし、 Flat:16、 Dark Flat:、 Bias: 16
Flat-field Correction by R-Stacker
Composited by DSS
Development:Capture One
Finalized by Gimp2

関東の平野部もかなり冷え込むようですので体調管理にお気をつけください。

写っちゃった~!


こんにちは、
暖かい日は恐らく今日まで明日PMからは大雪(私の予想:昼雪が5時間、夜雪5時間で道路が10cm、庭が30cm)で、その後1日空けて(気象庁曰く)最恐寒波の到来です。ここはマイナス10℃以下が4日続くようです。昨冬の記録がマイナス14.2℃で、その前が-11.Xでしたので私がここに来てからの新記録になるかもしれません。

今日の一枚は2018年になって最初に撮影した画像になります。
その一番バッターに選んだのはお馬さんです。
どのかのTV局の番組ではありませんがオーブがじゃなくゴースト?が2つ程「写っちゃった~!」、これゴーストですよね。馬頭の左上に細長く白いものが、それと画像の右下付近に青白いものが ふわ~~っと。

DATA
Date:2018-1-9

Object:
Horsehead&Flaming Tree Nebula (馬頭星雲、燃える木)
Location: 2F Balcony

[Equipment] 
       Equatorial:SS-One
       Camera:
Camera: Canon EOS X7I (新改造)w. LPR-N-FF
       Telescope (Lens):
Borg 77EDII (FL :510mm F-Stop:6.6)x Vixen 0.67ED Reducer = FL:342mm、 F4.4
     Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM
      
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4  

Light Frames:ISO1600 120secs X 13、140secs X 3、150secs X 9、 160secs X 5、80secs X 13
 Total Appr. 1hour 10mins
Dark : なし、 Flat:16、 Dark Flat:、 Bias: 16
Flat-field Correction by R-Stacker
Composited by DSS
Development:Capture One
Finalized by Gimp2

半月でしたが暗い空で星がよく見えました。
それと昨夜ですが、昼間から晴れていても白い空で、夜になっても同じような状況でしたが、何とか星が出ていたので、77EDIIにExtender(FL:約700mm)を付けてある対象を撮影しましたが22:00頃になって雲が笑笑と出てきたので止めましたが12枚ほど撮れました。しかし4枚がボツになってしまいました。現像しましたら期待通りの形ではありましたが薄々荒
々でした。そのうちにUPします。

ところで、また病気の再発です。(ポチリヌス菌は天文沼に.....)
↓のガイド鏡買っちゃいました。 (壱萬四千円成)
ついでにC5に付ける直焦点用Tリングアダプター買っちゃいました。(四千円成)
集金袋を持ったネコさんが現金と引き換えに置いていきました。(計:19、451円)

QHY CCDのミニ ガイド スコープ F4.3 FL:130mmです。

これでガイド鏡は3本目になります。
FL:180mm F3.8 (不明)= ASI120mmだとピントが出ない
FL:130mm F4.3 (QHY) = 全てOK
FL:50mm F1.4 (サインソニック)= FL:500mm以上での撮影に不安

ASI120mmと QHY5L-Mも持っているのですがQHYカメラはSS-One オートガイダーで使用できないのと、180mmのガイド鏡だとASI120でピントが出ないのが問題でした。 このQHY ミニ ガイドスコープが出た時から「ああ、いつかこれ買うんだろうな~」と思っていました。まあこれで何時かDeepに行った時に少しは役に立つかな。。

2017年度 決算ー 締めは オリオン座M42 とおまけ (追記アリ)

皆さん、こんばんは、
今日の天気予報は見事に ”ハズレ”、ここまでだと褒めてあげます。
予報だと 晴れ後曇り(後は18:00です)
現実: 太陽の形が見えたのは7:30~8:30位で残りは満天の分厚い雲の絨毯
予想最高気温:9℃ 現実:4.8℃  時間毎の予報なんて修正すらしない!
素晴らしいサービスですね。
 
さて、今夜は2017年度の締めを行います。 少し長文になります。
まずは画像をご覧ください。
これは ISO3200 で 77EDII w. 0.67ED レデューサーを付けて約一時間露光したものです。  このレデューサーを付けて撮ると1辺に縦帯が出来るので購入元のSHOP
A 社に問い合わせましたら、多分カメラのミラーボックスの干渉の可能性とのこと。。



フラット補正で消えるとの事だったので、和室の障子フラットフレームで処理しました。
その結果が↓

まあいいかな! 改善はされました。BORG純正のReducerではありませんが、
ここまで撮れれば個人的にはOKです。

でも、今回でこのReducerの特性を理解したいので100枚以上撮ったんですよ。
ついでにトラペジウムを表現したかったので多段階露光しました。
まずは3秒から10秒X 58枚 + 50秒X3 を重ねました。(私のDSSはフラット処理を入れると星が流れるんです。 原因は未だに不明です。(Ver. 3.3.4 で旧バージョンではAbortするし)
結果的にR-Stacker(手間はかかりますが)でフラット補正後DSSでコンポジットです。その画像が↓



今度は3秒から10秒X 58枚 + 50秒X7枚程度


それを強調処理(コントラスト)すると


そして最後に全ての枚数を重ねたのが(控えめです)↓


適度に強調したのがこちら↓


DATA
Date:2017-12-25

Object:
M42 Orion Nebula
Location: 2F Balcony

[Equipment] 
       Equatorial:SS-One
       Camera:
Camera: Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II
      Telescope (Lens):
Borg 77EDII (FL :510mm F-Stop:6.6)x Vixen 0.67ED Reducer = FL:342mm、 F4.4
     Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、

Light Frames:ISO3200 3-10secs X 58、50secs X 16、 60secs X 12、 70secs X 10、80secs X 13
 Total About 100p 1hour
Dark : なし、 Flat:16、 Dark Flat:、 Bias: 16
Flat-field Correction by R-Stacker
Composited by DSS
FlatAide Pro:飽和復元合成 (Saturation recovery composite とは言わないでしょ)
Development:Capture One
Finalized by Gimp2

このレデューサー、あまり評判は良くないようですが私はこんなもんなら良いかなと思ってます。(追記:このレデューサーはVixen製です。 Borg純正の筒には直接着きません。 SHOPオリジナル品を買いました。結果 純正のレデューサーと同額になりましたが軽量化とピント合わせが楽になりました)

これで2017年度の在庫のはらい出しは全てCOGS計上する予定だったんですが、居ました、一枚だけ。。。 同じようなのを何回も撮影しているので忘れられた一枚です。

これは先日のものと構図はほぼ一緒ですが勾玉星雲が居ないんです。
可哀想なのでUPします。撮影は11/24です。


DATA
Date:2017-11-24
Object: Orion & neighborhood
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター
  Telescope (Lens):
Sigma 18-35mm F1.8DC HSM (ART) 29mm F3.2 Used
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 1600  70secs X 26 , Total: Appr. 30m
Dark : None、 Flat: None、 Dark Flat: None、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2

追記:18年になって何回 Windows 10のUpdateが入ったかな? 少なくとも4回はあった。 今日のは強烈です。
寝る前の方は Restartしないで Shutdownした方が良いですよ。
1. Restart前の準備で30分
2. Restart後 3回も自動reboot (更新に約45分)
3. 更新 プログラムは10GB位ありましたが、更新後は消されて元にもどりました。
前にも書きましたが、このPCは10年前の老いぼれですが、当時としてはハイスペックでした。
今のハイスペックの速度は分かりませんが、5年前の遅いマシンだと3時間以上かかるかも・・・

これ、勤務中の会社のPCでRestartしてしまったら仕事にならないでしょうね。
お気をつけください。

約1年ぶりのオリオン座と富士山の星景写真(訂正&追加)

こんにちは、
今日は暖かかったです。 予報では15℃でしたがPMから薄雲が一面に広がり、結局12℃止まりだったのではないでしょうか?
昨夜は近所の店で町内会の集まりがありました。
体調がいまいちなので悪酔い気味でした。(警告:酒乱にはなってません)

今日の一枚は前回2/11/2017にも撮りましたが、オリオン座と富士山のコラボです。
前回はほぼ100%の🌕で撮影でしたが今回は60%位の12/26に撮影しました。
月の明るさが違うし、カメラも違うので単純に比較できませんが自分としては満足な結果です。




DATA
Date:2017-12-26

Object:The Orion & Mt.Fuji

Equipment:
   Equatorial SkyMemo S
   Camera:
Sony α6000. LPR-N-FF フィルター
Telescope (Lens):

Sigma 18-35mm F1.8DC HSM (ART) 19mm、F3.5 used
Sigma 19mm F2.8 DN (Sony E Mount) F3.5 Used


Filter: Kenko Prosofton (A) 72mm
Autoguide: No touch
Guide scope :NONE

Light Frames:ISO 2500 9-14secs X 6、 Total About 1m
Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 6
FlatAide Pro:Color Fog Correction?
Development:Capture One
Finalized by Gimp2

これがFlatAide Proの助けなしで仕上げたものです。↓(カブリ修正も上達しました)


続いてISO6400で撮影したものです。これも5枚重ねています。
中央に街灯のゴーストが現れています。 重ねても荒いですね。 何か飛んでるし!


最後にISO2500 F3.5の一枚取り(14秒)です。 やはり荒いですね。

それにしてもアンテナと電柱が邪魔(●`ε´●)
それと、後になって気づいたのですが、ちょうど同時刻にカノープスが通過中だったので高度を下げて撮れば写っていたかもしれません。
民家の屋根を入れたくなかったので(前回は民家の屋根が入りましたが低い所はガスっててボヤっとしか写りませんでした。ただ林と富士山の間なのでほんの10分位しかチャンスは無いと思います。

(多分)次回で2017度に撮影したものは終わりになると思います。


オリオン座 北部の ZIGZAG オブジェクト

皆さん、こんばんは!!

今日の日中は11℃位まで上がりました。

今夜は新月ですが残念ながら曇りから雨(雪じゃない予報)になるようです。
今夜は23:00頃に寝れそうです。

関東甲信は木曜の晩は良さそうですね。

さて、今日の一枚はオリオン座の北側にあるジグザグをUPします。

撮影は昨年の12/21でした。この日の透明度(光害が強かったかな?)はあまり良くなかったでの多段階露光20秒から60秒です。


上からM35, クラゲ星雲、モンキーヘッド星雲、SH 2-254~258、 Lower's星雲です。
これが正式名称の様ですが個人的には
(M35は星団なので省く、 茹でダコ星雲、バカボンパパ星雲、芋虫星雲又はなめこ星雲、銀座のママの唇星雲といった感じですかね)
この5つの対象は、
(平面的には)ほぼ均等の距離にあるのが面白いですね。
しかし100枚Upで1時間20分露光でこれですよ。モンキーヘッド以外は淡いのでこんなもんかも知れませんが、年末にリトライします。







DATA
Date:2017-12-21

Object:M37, Jellyfish nebula, Monkey head Nubula. SH 2-254~258、Lower's Nubula {From Top}
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター
Telescope (Lens):

Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:113mm、F3.5 used
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 20secs X 13、30Secs X 36, 40secs X 29, 50secs X 20, 60secs X 20
 Total About 1H 17M
Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2


 2017年の画像は残り2対象あります。今週中には在庫からはき出してCOGSに計上します。(笑)

馬頭星雲 と ウルトラの星

こんばんは、
今冬1番の寒波は去りつつあるようですが、ここは今朝もマイナス7℃位でした。
明日の朝はマイナス4℃位のようです。
この程度の気温は昔の横浜の郊外付近でも年に2、3回はありましたよ。
まあ寒いので今夜も天気が良さそうですが、暖かくなると透明度が下がるのでそれが心配です。

さて、今日の一枚は定番の馬頭星雲とウルトラの星(ひかりの国=M78)です。
今までに3回位同じ構図で撮っていますが今回が1番良さそうです。
これも少し前のもので11/23に撮影しました。

DATA
Date:2017-11-23
Object:HorseHead Nubula, M78
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター
Telescope (Lens):

Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:188mm、F3.5 used
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 1600 90secs X 28、Total 42m
Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2



少し古い一枚ですが

みなさま、
こんばんは、関東甲信ではこの数日は寒いですが好天が続いていますね。
私のエリアも例外ではなく昼夜ともに晴れています。 が! 大気の状態はあまりよろしくないようですし、私の近郊では23時位にならないと真っ暗になりません。
地方ですが結構遅くまで起きてますね。 皆さん何をしているのでしょう。
私はここ数日は毎晩0:00頃まで1,2対象を撮影しています。なので手持ち在庫は減りません。 FIFOでもLIFOでもありません。 気分でUPしています。
ただ、この数日は寒い! 撮影時はマイナス6℃、今朝はマイナス11℃
今も既にマイナス2℃。。。今夜は霊のじゃなく例のCANON EF50(撒き餌レンズ)でリベンジします。 一応、結露防止を巻きますが、付ける場所が無いんですよね。

ところで新月が近づいて来ています。新月は16日ですかね。
ただ、平日になることと、水曜(17日)に雨マークがあることからチャンスは土日月の3夜ですが、今夜がいちばん望遠鏡を持った人が職務質問される晩になるのではないかと想像します。ただ山間部や海岸などで暗闇に大砲向けても暗闇しか見えませんけどね。

さて、今日の一枚は昨年の11/24の晩に撮影したプレアデス、カリフォルニア星雲、勾玉星雲エリアになります。中央のモクモクは今秋ですかね。
構図がもう少し南寄りならアルデバランの星々がきれいに収まったんですけどね。


まあ綺麗に撮れたのではないかと自分では満足しています。

DATA
Date:2017-11-24
Object: Pleiades, California, Fire Flame Star nebula area
Loc::1F Wood Deck

Equipment:
   Equatorial Skymemo S
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター
Telescope (Lens):
Sigma 18-35mm F1.8DC HSM (ART) 29mm F3.2で撮影
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 1600  40secs X 31 , 50secs X 9、Total 28m
Dark : なし、 Flat: なし、 Dark Flat: なし、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2



ベテルギウス、オリオン三つ星が銀河になった!

みなさん、こんばんは!
明日の朝はいよいよマイナス二桁台に突入するようです。
日中でも2℃、(今日も2℃でした)
さて、今日の一枚は、みんな大好き「私、失敗しました!」です。
撮影したのは昨年の12月だったと思うのですが、
Canonの撒き餌レンズ EF50 F1.8IIで撮影した。
薔薇、馬、魚 (猪鹿蝶感覚)の 作品です。
元画像(RAW)はまともなピースは残した筈ですが、
HDから無くなっていました。Backupした記憶はないし、
大したものでないので排除したかもです。よってDATAは記憶のみとなります。
まず一枚目の画像はISO3200 F.3.2辺りで50秒X12枚程度だったと思います。

結構、ピントも上手くいったみたいだし気合が入っていて全部で1時間半位撮ったかも知れません。兎に角、魚が淡いのでヒレなどの輪郭も出るように思って挑んだんですよん。この画像はまあマシに撮れていたやつだけでコンポジットしました。

DATA
Date:2017-12-XX
Object: バラ星雲、エンゼルフィッシュ、馬頭星雲
Loc::自宅ベランダ

Equipment:
   Equatorial Skymemo S ノータッチ
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)w. LPR-N-FFフィルター
Telescope (Lens):Canon EF50 F1.8II
以降 不明(RAW ファイルを消してしまったみたい)

Development:Capture One
Finalized by Gimp2


はい、では全ての画像(恐らく70枚位)をコンポジットしたものです。
まあ、DSSにかける前に気づいていましたけどね。


なんとベテルギウスや三つ星が星雲になっているじゃありませんか。。
ベテルギウス星雲! まあ、あってもおかしくない名ですな~
おまけに完全にカラーバランスも壊れてますね。
まあ諸先輩方は気づいているかもしれませんが、レンズが凍結しました!
乾燥しているし、結露は起きないと思ったんですけどね。
最後の方の画像は完全に白くなっていて風呂場の鏡のようでした。
70枚がパー!(ショックでした)
 ただ、ぎょぎょぎょ全体を撮りたいならもう少しカメラを上方に向けないと入りませんね。

今夜も今のところは晴れてますけど、今夜はどうでしょう? 何を撮影しようかな。。
でも南側は1km位離れたところにグランドがあるんですけど、ナイターのライトを光光と照らして何かしてます。この寒い中(今、マイナス3.6)基地外ですね。
おまけに夜間工事もやってるんですよ。 隣の家はレースのカーテンしか無いみたいだし、寒くないのかね。  ではまた!

それに


Visitors
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

Matt

Author:Matt
Welcome to my blog on FC2!
星雲、銀河、星野写真を撮影してブログにUPしてます。

好天が続けば頻繁(週3回程度)に更新しますが、近年の夏のように天候不順が続けば3ヶ月も休眠することもあります。

Category
Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Search form
Display RSS link.
Must See
ブロともになろうよ!

なりま~す!

QR code
QR