キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! まさかの晴れ間(束の間でしたけど)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!~ ♪  まさかの晴れ間!
みなさま、こんばんは!
6月の新月期は諦めていましたが、6/21の晩(半月 月没 24:30頃)ぎりぎり間に合いました。
雲がとれてから昨年悪天候続きで一枚も撮れなかった対象に望遠鏡を向けましたが、
軒下が写ってしまった。 軒下から出るには小一時間必要かと思い、懲りずに干潟、三裂星雲へ砲を向けました。
結果が↓



DATA
Date:2018-6-21  23:38~

Object: M8 (Lagoon Nebula)、 M20(Trifid Nebula)
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : IDAS LPS-D2
  
Telescope (Lens):Borg 77EDII (FL :510mm F-Stop:6.6)x Vixen 0.67ED Reducer = FL:342mm、 F4.4

  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 150-180secs  X 17,  Total Approx. 50m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18
Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAide Pro
Development:Capture One 11.1.1

4月にも同じ光学系で撮影しましたが、このときはISO2500 で光害カットフィルターなしの34分露光で月齢は約2/5、今回はISO3200 LPS-D2付きで 50分 露光 月齢は1/2(半月)なので条件は違います。
自分としては前回よりコントラスト良く撮れたと思います。
 
このあと今年初の対象に照準を戻して撮影を開始しましたが。。。。。 つづく!

「Sequator」を試してみた(画像差替ました)

みなさん、こんばんは!
今日も夕方から雨になりましたが今は上がりました。
あくまでも予報ですが、6月末くらいから暑くなるようです。
まさかの梅雨明け? まだ暑くなるのは勘弁して欲しい!
さて、今宵は最近話題の「Sequator]を試してみました。
すでにご存知のかたも多いと思いますが、このソフトは赤道儀無しの固定撮影で複数枚撮影した星景写真の地上景色に流れを出さずに空の星を丸くコンポジットしてくれるいわゆる自動新星景ソフトですね。

素材は2015年6月頃に横浜から越してきた時の仮住まいの2階の窓から固定撮影で撮影した星景写真です。 これがきっかけで星屋になったと言ってもいいと思います。
カメラ:Sony α6000(非改造) 18mm位で撮影(純正キットレンズ)
固定撮影
ISO2500 5枚 X 25秒 =約2分
2分以上露光なので星も流れますし、DSSでコンポジットすると景色も流れます。
まずはDSSでコンポジット

拡大します。


次はSequatorでコンポジット


拡大します。


(FYI:木は風で揺れます)
如何でしょうか?
素材が良くないのできれいではないかも知れませんが、慣れれば結構使えるのではないかと思いました。
*画像を差し替えました

私はフォトグラファーのムコヤマ様のサイトを参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
ここ:http://mmukoyama.com/2018/01/25/sequator/
このソフトは無償で使えるようです。

これで打ち止め!

みなさん、こんばんは!
昨年11月から急激に夜晴れるようになり(その前半年位は酷かった)、毎月新月期に撮影して比較的定期的に更新してきましたが、ついに今月で終わりです。
今宵の一枚は最後の在庫になります。5/21 23:04に撮影したアンタレス・エリアです。各星々の色は正しく出ていると思いますが、薄いですね。
これも半月期に撮影したものでまだ西側にお月さまが微笑んでいました。



DATA
Date:2018-5-21  23:04~
Object: Antares Region
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
  
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:103mm、F4.0 used
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 100-150secs  X 36,  Total Approx. 1h:12m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Light: 36、Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: FlatAidePro
Development:Capture One 11.1

Level Adjustment: N/A

私の機材は16日頃に乾燥剤と共に夏眠に入りました。 夏至が過ぎて7月になって晴れの日が増えてきたら起きてくるかも知れません。鏡筒は(仕舞うと通気が悪くなるので)和室のオープンスペースで寝転んでいます。

大阪圏で大きな地震がありました。まだ余震も続いていますし、同程度の地震の可能性も指摘されています。 どうか用心してください。 被災してしまった方々の早期に回復、復旧、そして不幸にもお亡くなりになってしまった方のご冥福をお祈りします。  早く平和な日常に戻りますように! 

更新ペースは落ちますが、昨年のように半年以上更新なしにはならないと思います。
今年は一応惑星撮影の装備はあるので、何かはお見せできるのでは???
それでは!

天の川タイムラプス

みなさま、こんばんは、
いよいよ新月期ですが、昨年と似た天候になってきました。
昼間はまずまず晴れるのですが、夜になると必ず曇ります。
晴れてきても深夜の2:00過ぎ、もう朝ですよ!この時期は!

そこでたまたま晴れた6/7に撮影した天の川のタイムラプスです。
後悔:
1.露光時間をもう3秒位増せば良かった
2.面倒がらずに結露防止ヒーターを巻くべきだった。
3.雲が少し多すぎました


DATA
Date:2018-6-7
Object: Antares ~ Milkyway
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: Skymemo S
   Camera:
Sony α6000 Filter : Kenko Pro-softon (A)
  
elescope (Lens):Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM ART (FL :18mm F-Stop:F2.0)
  
Autoguide: N/A、 Camera:N/A
  Guide scope :N/A

Light Frames:ISO 2500 13secs  X About 540,  Total Approx. 2h:45m

Process: SiriusComp

Flat Corrections: N/A
Color Fogging Correction: N/A
Development:N/A
Gimp2: N/A

撮影歌詞から終わりまでの星軌道


失敗したのは結露防止ヒーターの取り付けを怠ったこと。
後半は結露してきて最後にはLED照明の餌食になってしまいました。
次回はきちんと撮影しますが、天の川に関しては今年はもうチャンスはないかも知れません。

青い馬のはずが-私、失敗しました!

こんばんは、
今日は晴れましたが雲が多い空でした。 湿度も高いですね。
月曜日には太平洋上を台風5号が通過するようです。
新月が14日?だったと思うので台風一過を期待したいですが、
最近は台風去ってもあまり良い天気と言うのは記憶にありません。

さて、今宵の一枚はみなさん大好き!(えっ?好きじゃない?)
「私、失敗しました」シリーズ夏の空編です。
この日はIDAS LPS-D2を使用してのEOS 6Dを試したかったのでちょっと画角が広すぎるのですがタムちゃん(Tamron (SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO))を使用しました。撮影は5/21 24:58~です。 対象はあの「青いお馬」です。無謀ではありますがチャレンジしました。 過去には何度も失敗してますがUPにすら至りませんでした。(私、全部UPしてませんよ(笑))
更にFL:200mmで撮影予定がまた188mmで撮影してしまいました。(またピントリングじゃなくズームリング回したようです)

結論から言うとPCにUPLOADしてビックラポン! だってアンタレスの女神様が左下から覗いているじゃないですか? これ完全に失敗ですよ。 笑っちゃいました!  こんなに近かったっけ?



DATA
Date:2018-5-21  24:58~
Object: Blue Horse (IC4592)
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
  
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:188mm、F4.0 used
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 180-200secs  X 48,  Total Approx. 1h:25m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Light: 27、Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: N/A
Development:Capture One 11.1
Gimp2: Level Adjustment

今回はFlatAideProは使ってません。 青は出にくくなるような気がしたからです。
それでも青よりちょっとグリーン系(ティファニーカラーてな感じ?)
ただこの日は半月だったんです。 半月が沈んだ頃からの撮影でした。
19日だったらきれいに撮れたと思いますよ。 あの晩は良い空だったけど私の空は曇ってしまった。

お星様! 今度の新月期は晴れにしてください。 夏の天体ももう終わってしまいます。

M3ー再処理してみました。 デカ!

こんばんは、今日は朝から雨が降っています。 明日の朝まで降るようです。
関東も梅雨入りのようですがどんな梅雨になるのでしょうね。
さて、今宵の一枚は3/24にUPしたM3(球状星団)を再処理してみました。
同業他者様の作品の影響で再起しました。
同じ画像を頑張って頑張ってここまで大きくなりました。(育つものですね)
ただ、背景は荒れ荒れです。



3/24の画像↓

3/24に掲載したDATA
DATA
Date:2018-3-11
Object: M3
Loc.:2F Balcony

Equipment:
   Equatorial SS-One
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造)LPR-N(FF) Filter
  Telescope (Lens):
Borg 77EDII FL:510mm、 F-Stop:6.6 X Borg マルチフラットナー 1.08xDG FL: 550mm、 F値:7.12
  Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :QHY MINI-GUIDE SCOPE 130mm F4.3

Light Frames:ISO 3200  30secs-140secs X 25,   Total: Appr. 34m
Dark : None、 Flat: None、 Dark Flat: None、 Bias: 16 を Bias とともにDSS でコンポジット

Development:Capture One
Finalized by Gimp2

おまけ
6/4の木星です。 シーイングは良くなかったと思います。
今回はセレストロンC5+セレストロン Plossl 25mm アイピース + Borg 2XCompact Extenderで拡大撮影 (Camera: QHY5L-MII モノクロ)

改めて見てみるとかなり揺れてますね。


富士山を見下ろす天の川 と 邪魔なアンテナ

みなさん、こんばんは! Mattです。
今日まではなんとか晴れましたが明日以降はいよいよ雨の日が増えてきそうですが、
予報も日々変化しているので分からないのが現状ですね。
もしかしたら新月期に晴れ間があるかも知れません。

さて、今宵の一枚(実際は数枚)は富士山を見下ろす天の川と邪魔なアンテナです。
全て、一枚取りです。撮影は5/21 25:30  Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM ART IS3200  F2.8 15秒露光でした。
昨年もこれを撮りたかったのですが全然晴れなくて7月位に少しだけ晴れた透明度の悪い画像しか撮れませんでした。  今年は深夜に撮影できたので光害も少なくて済みました。 この画像は富士山の頂上付近にエビ星雲、NGC6231が写っています。
おまけで通りに面した隣の家のアンテナが写り、更にそのゴーストが天の川の中にアンテナ星雲となってしまいました。(天の川右下 青白い筋状の星雲)


DATA
Date:2018-5-21 25:30

Object: Milkyway
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: Skymemo S
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造) Filter : LPR-N(FF)
  
Telescope (Lens):Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM ART (FL :18mm F-Stop:2.8)

  
Autoguide: N/A
  Guide scope :N/A

Light Frames:ISO 3200 15secs  X 1,  Total Approx. 15s

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Dark: N/A,  Flat: 1、 Dark Flat: 1、 Bias: 1
Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAide Pro
Development:Capture One 11.1
Gimp2: N/A

お次も同じ条件で富士山と林の面積を増やしました。 エビ星雲を富士山より西側へ行ってしまいました。



お次はF2.0でも撮影してみました。 露光は10秒 1枚


DATA
Date:2018-5-21 25:54

Object: Milkyway
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: Skymemo S
   Camera:
Canon EOS X7I (新改造) Filter : LPR-N(FF)
  
Telescope (Lens):Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM ART (FL :18mm F-Stop:2.0)

  
Autoguide: N/A
  Guide scope :N/A

Light Frames:ISO 3200 10secs  X 1,  Total Approx. 10s

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Dark: N/A,  Flat: 1、 Dark Flat: 1、 Bias: 1
Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAide Pro
Development:Capture One 11.1
Gimp2: N/A

流石にノイズは増えましたね。


最後はF2.0の画像の背景をやや青くしてみました。 天の川の星景作品はこの色の背景色が多いような気がします。 ノイズが目立ちにくくなるから?

このシグマのレンズ、APS-C専用なんですが結構気に入ってます。
今度はこれでタイムラプスに挑戦したいですが、いつ晴れるのか?

初めての土星撮影

おはようございます!
今朝は11℃位まで下がったようですが、日中は24℃位まで上がりそうです。
昨夜は晴れていたので惑星の撮影を行いました。
室内に設置して窓を開けての撮影しました。 蚊が入ってこないように蚊取り線香を焚きながらの撮影でした。




DATA
Date:2018-6-2

Object: Saturn
Loc::2F Bedroom

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera: QHY5LM-II
   Telescope (Lens):Borg 77EDII+1.4XTeleconverter+Borg 2XCompact Extender
   Autoguide: N/A、
  Guide scope :N/A

昨夜の木星画像もそうですが、モノクロなので模様がはっきりしませんが(ほんとか~?)一応土星らしい形ですね。

撮れたてのホヤホヤ - どうでしょう?(追加画像あり)

また木星を撮ってみました。
ピント合わせがムズいです。(難しいです)
ゆらぎは今までで一番少ないですが、大気の透明感はありません。
今回はボーグ77EDIIに1.4倍コンバーター+Borg 2Xコンパクトエクステンダー  QHY5LM-IIモノクロで撮影。。 他にも撮ってますがまず第一弾!


こっちの方べター?

モノクロだと分かりません。
一応、AS2+RegiStax6でWaveletを訳分からずやってます。




いちばん下が1番かな?

そういえば、NASAの近くに居たんだっけ。。

こんにちは、
今日は天体写真ネタではありません。
宇宙の事を考えていたら、ふとNASAを思い出して。。。 そう言えば昔ヒューストンに居たときにNASAから車で5分程度のところに住んでいたのを思い出した。
「あ~! なんてもったいない事をしたんだろう!」 結局、一度も訪問することもなく帰国してしまっていた。 NYに18年居たが国連の中には入らなかった(いつでも行ける-これが原因である)この頃は釣りばかりやっていた!
同僚の中には(奥さん絡みで)JAXAの人と交流がある人も居たが、私は独り身だったのでその縁に便乗できなかった。
それにその頃(約10年前)はロケットにそれ程興味はなかった。 だって宇宙に行ける人は一部の人間のみだからね。 それに当たり前ですが土星名物、冥王星名物のなんとか料理とかはなく、濃い味付けで無理やりおいしくしている宇宙食を食べても不健康だし (飛行機の機内食も味が濃いらしい)。。  結局、高額な宇宙旅行はあまり行きたいとは思わない。

ところがNASAはロケットだけでなく宇宙観測もしているんですよね。 宇宙観測にどの程度の展示があるかは分かりませんが1度位足を運び、チェックを入れるべきだった。
ただフロリダのNASAには一度だけ行きました。
当時の同僚の話だとヒューストンよりフロリダの方がアトラクションやコンテンツが面白いのが多いと聞いていたので、ロケット打ち上げはフロリダしかないからね。
ということでヒューストンの本部の方は行きませんでした。

これらはフロリダのNASAの画像 (訪問は2007/11)

これは多分エントランスだったかと。。


スペースシャトルの本物同サイズの模型


テポドン じゃなくてNASAのロケット模型


奥のビルがロケットや、宇宙船の格納庫


格納庫からロケットや宇宙船をこの砂地?の道をゆっくりと遠方中央上部のガントリー迄移動させるらしい


ガントリー(打ち上げ台)


確かアポロ??号


その他諸々








Visitors
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

Matt

Author:Matt
Welcome to my blog on FC2!
星雲、銀河、星野写真を撮影してブログにUPしてます。

好天が続けば頻繁(週3回程度)に更新しますが、近年の夏のように天候不順が続けば3ヶ月も休眠することもあります。

Category
Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Search form
Display RSS link.
Must See
ブロともになろうよ!

なりま~す!

QR code
QR