ケンコー スターリーナイト フィルターを試してみた (速報)


こんにちは、Mattです。
今朝はマイナス2度まで下がりました。 昨日の日中は午後になってから5度まで降下したために
家の断熱材も冷めてしまい。 室内も暖房(厳冬期に比べやや弱め)を夜中も入れていましたが今朝16.2度まで下がりました。
ここまで下がるのは珍しいです。
うちのメインの暖房は床暖ですが、サブで灯油ファンヒータを使用していますが、今秋にFFファンヒータにします。

さて、昨夜は晴れてくれたので半月でしたがケンコー スターリーナイトを試してみました。
結構人気があるようであちこちで品切れになっているようですね。 発売日の昼頃にヨドバシでポチりました。
翌日に手に入りました。 サイズは77mmです。
私のTokina 11-16mm、Tamron 70-200mm、 77EDIIは77mm経で、Sigma 18-35mm が72mm経ですので
77mmにしましたが、Sigmaで使用するにはステップアップリングが必要になります。 でもフードが合わなかったので、
レンズヒーターを1cm位出っ腹して使用しました。 今回の試写はSigmaです。

MOH0012001758-02 午前_tn

DATA
Date:2019-4-27 25:10~
Object:Milkyway
Loc.:2F Balcony

Equipment:
Equatorial :Skymemo S
Camera: Canon EOS X7I (新改造)w. IDAS HEUIB-II フィルター + Kenko Starry night 77mm
Telescope (Lens):Sigma 18-35mm F1.8DC HSM (ART) 24mm F3.5 Used

Light Frames:ISO 1600 50secs X 37 , Total: Apprx: 30m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Light: 37、Dark : N/A、 Flat: N/A、 Dark Flat: N/A、 Bias: 16
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: N/A
Development:Capture One 12.0.3
Level Adjustment: N/A

中央付近の大きな星は木製じゃないよ木星です。

ちなみにHEIUB-II(FF)も使用しています。
フラット処理もまだしていませんので後程フラット処理します。 あくまでも速報です。

個人的な感想としては東側にしょぼい街があり、その光害があり、更に半月期だった割には色被りは弱かったと思います。
こちらがISO6400 10秒の撮って出し(HEIUB-II+Starry Night)
StarryNight Test

↓が37枚をコンポして輝度とシャドーを上げただけの画像、やはり隣町の街明かりのカブリはありますが、画像処理で対応できるレベルだと思います。
StarryNight Test2


アンタレス エリア 150mm


こんばんは、Mattです!
もうじき10連休の人は多いのでしょうね。 私の街はこういった日の方が大忙しです。
そして、それに合わせるようにやって来る新月期ですが、現時点での予報ではとても悪そうです。
恐らく湿度も高いので夜間の大気は最悪かと思います。
先日発売されたケンコーのスターリーナイト フィルター 77mmを手に入れたので試したかったのですが無理かも知れません。
それとIDASからようやくNebula Booster フィルター次作が発表になっています。(販売開始は3ヶ月遅れです)
これも手に入れたいですね。

さて今宵の一枚は4/2の夜半過ぎに撮影した定番のアンタレス エリアです。 これが前回の新月期では最後になります。(たった4品)
お空の暗い撮影地で撮られた同業他者様の作品のようにクリアでカラフルではありませんが、
自宅のバルコニーからの撮影した過去の同じ構図の物の中では一番良い出来のような気がします。
低空にあるので結構色被りが酷いのでケンコーのスターリーナイトが救世主になってくれそうな気がします。
77mm用を買ったので77EDII、Tamron 70-200レンズはOKですが、 Sigma 18-35mm は72mmなのでステップアップリングを使うのですが、そうするとフードが使用できなくなるのに買ってから気づきましたので中華製のフードを購入すべきか検討中!

MOH0012001521-52 午後_tn

DATA
Date:2019-4-2 25:34~
Object: Antares Surround
Loc::2F Balcony

Equipment:
Equatorial Mount: SS-One
Camera: Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:151mm、F3.5 used
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 2500 60-90secs X 33, Total Exp. Approx. 47m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Light: 33、Dark: N/A, Flat: 16、 Dark Flat: 16、 Bias: 16
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: N/A
Development:Capture One 12.0.3
Level Adjustment: N/A

彼岸花星雲と出目金星雲


こんばんは! 今日は朝方薄日が出ていましたが10:00am頃からは完全に曇り14℃までしか上がりませんでした。
昨年は今頃は20℃以上を10回位は記録していたのに今年は3,4回です。
今日暖房光熱費の請求書が郵便受けに入ってましたが先月(2/21~3/17)とほぼ同額だったので
やはり今年は寒いです。 実は先月の請求も昨年より2割高です。(消費量ベースですよ)

さて、今宵の一枚は4/8に撮影した彼岸花星雲と出目金星雲です。
この夜は1:50AMに起きて機材を1からセットアップ(夕方まで雨~曇りだったため)、いざ撮影開始しようとしたら南の低いところに薄い雲爺がゆっくりと移動中、その後も笑笑と同じ辺を漂うような状態でした。 高度の高い空はクリアだったので対象を急遽変更しようと考えたんのですが、SSOneオートガイダーの画面を見ながら露光を停止したり再開したりしながら薄明開始後15分まで撮りました。
半分近くのコマに薄雲の影響がありましたが、基本的にクリアな空だったのでなかなか良く撮れたと喜んでいます。
まずはFlatAidePro未使用の画像からです。
MOH0012001571-34 午後_tn


DATA
Date:2019-4-8 26:42~

Object:彼岸花星雲(NGC6357)、出目金星雲(NGC6334)
Loc::2F Balcony

Equipment:
Equatorial Mount: SS-One
Camera: Canon EOS 6D (HKIR) Filter : IDAS LPS-D2 (FF)
Telescope (Lens): Borg 60ED FL:350mm、 F-Stop:5.8 X Borg Multi-Flatnner 1.08xDG ー>
FL: 378mm、 F-Stop:6.3
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 25secs ~ 160secs X 32 Total Approx. 1h11m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1) Dark: N/A, Flat: 16、 Dark Flat: 16、 Bias: 16
Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAide Pro (N/A)
Development:Capture One 12.0.3
Gimp2: Level Adjustment (N/A)

こちらはFlatAideProで背景をあぶり出し天の川の中らしくしたものです。
FlatAideProでカブリ補正して背景をあぶり出ししたもの

寒いですが南に低い対象ですが満足できるものが撮れたので良かったです。

雲に邪魔されなければ広角で天の川を撮りたかったのですが今回は叶いませんでした。

祝 新装開店

こんばんは! Mattです。
この度めでたく新天地へ着陸いたしました。
FC2はYahooより面倒ですが、より高度なことができるみたいですね。 少しづつ見やすいブログに改良していきたいと思います。
ただUploadのファイルが2MB以内に制限されるのが面倒ですね。
まあ私の場合10MBでも1MBファイルの画像でも駄作ですからね。 2MBで充分かも.です。(*゚ェ゚*)

それでは新装開店の意味も含めて早速テストしてみたいと思います。
まあ。次回の新月期までまだ2週間位あるので、再処理画像でいきます。


先日のアンタレス界隈を再々処理
先日のアンタレス界隈を再々処理

先日のM8,M20をFlatAideProで再処理
先日のM8,M20をFlatAideProで再処理


さあ新しい環境でスタートです。 今後共よろしくお願いいたします

寒かったけど大気がクリアで結果オーライ!

こんばんは! Mattです!
いや~、これって4月ですか?
最高気温が昨夜の3度位、日中の気温は0.8度以下でほぼ一日雪か霙で7cm位積もりましたよ。 光熱費も10日間で昨年4月一月分を消費しました。
暖冬と言われてましたがここでは日照時間が昨年の半分位の冬だったので結果的に今季の方が2割位お高くついたと思います。

さて、今宵の一枚は4/2に撮影したバンビ、オメガ星雲、わし星雲です。
寒かったので(マイナス4度)、大気がクリアで良かったです。



DATA
Date:2019-4-2  26:50~
Object: Bambi、Omega、Eagle Nebula
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
  
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:151mm、F3.5 used
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 2500 30-100secs  X 43,  Total Exp.Approx. 1h:02m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Light: 43、Dark: N/A,  Flat: 16、 Dark Flat: 16、 Bias: 16
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: FlatAidePro
Development:Capture One 12.0.3

Level Adjustment: N/A

今回の新月期はもう3作位撮りたかったのですが結果的に4作しか撮れませんでした。
ただ明日の晩は行けるかも知れないので天の川の星野+αでも撮ろうと思っています。

早く安定した春の気候にならないかな。。。この街の桜はようやく1分咲きくらいでは、この寒気で20日位まで咲いているのでは?

連日2:00am起きで夏の対象をコツコツと(再処理済)

こんにちは、Mattです。
今日は3月以降でようやく4回目位の20度超えです。
4月の暖房費も昨年4月ひと月分に間もなく達します。
巷では桜まつりが昨日から開催しているようですが、おそらく一輪も咲いていないと思います。

この新月期は一晩に1作で毎夜2:00amに起きていますが、
昨夜はカーテンと窓ガラスを開けて言い放った言葉は「ボーッとしてんじゃねえよ!!」でした。 薄雲?霞?、黄砂?、すぐに窓を閉めて飲み直して2度寝しました。
実は一昨日の晩もそうでした。 なのでこの新月期は苦労している割に数が少ないです。今夜は多分曇りなので明日の晩がこの新月期の最後のチャンスかな?

次回は大いに期待しますが、どうなるのか。。

さて今宵に一枚は4/4の晩に撮り直ししたM8、M20です。
フラットナーをTアダプターの前に持って行った事で盛大に流れていた星像は改善されました。 自分としてはまずまずの出来と喜んでいます。



DATA
Date:2019-4-4 26:38~

Object:M8、M20
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : IDAS LPS-D2 (FF)
  
Telescope (Lens): Borg 60ED FL:350mm、 F-Stop:5.8 X Borg Multi-Flatnner 1.08xDG ー>
FL: 378mm、 F-Stop:6.3
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 30secs X 8 ~ 170secs  X 25  Total Approx. 1h11m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18
Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAide Pro  (N/A)
Development:Capture One 12.0.2
Gimp2: Level Adjustment (N/A)

今夜も一応2:00に起きてみます。 最近の夜の予報は結構外れるので。。。

あれあれ? 私、また失敗しました!

こんばんは! Mattです。
いや~、昨日と一昨日は寒かった!
4月になっての3日間でなんと昨年の4月ひと月分1/3の暖房費を消費しましたよ。雪も降ったしね!
この先も昨年の4月の気温に比べるとかなり低いので、この4月は昨年の同月の2倍以上はもう確定でしょう。
余計なところで出費があるのに、なにやら筒状のものが床に!?
なんだこれ?


ボーグ60EDではないか!

はい!先日中古で出ていたのでポチってしまいました。
77EDIIにレデューサー装着の焦点距離とほぼ同じなのであまり意味ないのですが、
とても軽いのがいいですね。
でもヘリコイドが77EDIIで使用しているものなのでピントを出すために余計なパーツが必要になってしまいました。

それで早速昨夜試し撮りしたんですが、これがあ~た! 悲惨な結果に
はい!また失敗しました! なんかウルトラマンが中心から飛び出してきそうな仕上がりです。



原因は多分マルチフラットナーの装着位置かと。。
あまり考えずにまあどこかに入ってりゃそれなりに写るだろうと思ってましたが、
めっちゃそれなりでしたね。
フラットナーと対物レンズの間はただの筒なので、ヘリコイドは問題ないですよね。
私がフラットナーを着けたのはヘリコイドの真後ろで、その後ろに延長間が約7cm位。。。
なので今夜また2:00am起きで(就寝は10:00pm)リトライします。
今度はフラットナーをカメラの直前に置きます。

でもそれだけでここまで周辺が流れるのもなのでしょうか?

DATA
Date:2019-4-3 26:30~

Object:M8、M20
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : IDAS LPS-D2 (FF)
  
Telescope (Lens): Borg 60ED FL:350mm、 F-Stop:5.8 X Borg Multi-Flatnner 1.08xDG ー>
FL: 378mm、 F-Stop:6.3
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 3200 160secs  X 29, 30secs X 7  Total Approx. 1h21m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Dark: N/A,  Flat: 18、 Dark Flat: 18、 Bias: 18
Flat Corrections: DSS
Color Fogging Correction: FlatAide Pro  (N/A)
Development:Capture One 12.02
Gimp2: Level Adjustment (N/A)

銀河祭り終了(多分)、お宇宙は既に夏

こんばんは! Mattです。
しかし寒いですな~! 昨日は3:00pm頃から雪が降り出して屋根には3~5cmも積もりました。 今朝の最低気温はマイナス4度位だった様です。
昨日の暖房費は昨年4月の平均/日は120円程度だったですけど、昨日は4倍掛かってます。 真冬並みです。 理由は日が高くなって窓から陽射しが入らないからです。 1月中旬なら外気温が低くても(例えば最高3度)、室内は暖房止めても23度近くまで上がります。 もちろん暖房を停止した時が20.5位ならの話です。

前回の新月期はあまり気合が入らなかったのでパスしましたが、そろそろ天の川銀河の季節なので4月の新月期は気合を入れようと思います。 当面天気は良さそうな予報になっていますが、夜はどうなのか? 

さて、今宵の一枚は3/31の深夜に撮影したアンタレス界隈の作品です。
この日は結局1品料理で終了(2:00am起床)、4:00am頃には薄明が始まるからです。 さて今夜は晴れるかな?




DATA
Date:2019-3-31  26:34
Object: Antares Region
Loc::2F Balcony

Equipment:
   Equatorial Mount: SS-One
   Camera:
Canon EOS 6D (HKIR) Filter : N/A
  
Telescope (Lens):Tamron(SP AF70-200mm F2.8 Di LD [IF] MACRO)FL:77mm、F3.5 used
  
Autoguide: SS-One Autoguider、 Camera:ASI120MM、
  Guide scope :サインソニック CCTV Cマウントレンズ 50mm F1.4

Light Frames:ISO 2500 30-120secs  X 36,  Total Exp.Approx. 1h:14m

Composite: DeepSkyStatcker (DSS 4.1.1)
Light: 46、Dark: N/A,  Flat: 16、 Dark Flat: 16、 Bias: 16
Flat Corrections: DSS V.4.1.1
Color Fogging Correction: FlatAidePro
Development:Capture One 12.0

Level Adjustment: N/A

結構きれいな背景で気に入っているのですが、やはりブルーが出ない!

おまけ
コンデジ DC-FZ85(Lumix)で撮影した椎茸のような吊るし雲と富士山+きれいな青空


同じく別の日に撮影した白い春霞の富士山(これでは星は撮影する気にならない)


幸か不幸か、今は寒いので空がクリアなので撮影にはいいかも! でも今夜はまたマイナス4度の予報
Visitors
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Profile

Matt

Author:Matt
Welcome to my blog on FC2!
星雲、銀河、星野写真を撮影してブログにUPしてます。

好天が続けば頻繁(週3回程度)に更新しますが、近年の夏のように天候不順が続けば3ヶ月も休眠することもあります。

Category
Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Search form
Display RSS link.
Must See
ブロともになろうよ!

なりま~す!

QR code
QR